2014年2月20日木曜日

インフルエンザに注意


こんばんは。LSI設計のM嶋です。


連日 猛威を振るっていた豪風雪もおさまり、
天気も落ち着いてまいりました。
長く続かなくて安心しております。


ですが、一安心したところでまた一つ心配なニュースが。
札幌市保健所より「インフルエンザ注意報」が出されました。
1,2月に流行してしまうインフルエンザが、今年も蔓延しております。


現在、流行しているインフルエンザウイルスは、
A/H1N1 亜型と A/H3N2 亜型(香港型)、B型の3種類ですね。
なんと、今年はA型患者B型患者のどちらも社内から出ております。
かなり、流行しているということですね。


インフルエンザの菌は、「低温・低湿度」を好むそうです。
真冬の北海道は、ウイルスの快適な場所となってしまうんですね。
わたしたちの働いているオフィスでは、加湿器を使って加湿しておりますが、
それでも乾燥気味になってしまうほど、低湿度になりがちなのです。





自分自身を低湿度にしないためにも、
対策としてマスクの着用とこまめな水分補給はとても大事になっております。
また、よく言われておりますが「手洗い・うがい」はしっかりと行いましょう。


体の乾燥については、簡単にセルフチェックができます。
喉が渇かなくても体が渇いていることがあります。
そんなときは、唇が乾燥してきてしまうんですね。


リップクリームは唇の乾燥を改善してくれますが、
体が渇いている状態のままでは本質的に改善されていないのです。
唇の乾燥は体の乾燥のサインなので、ぜひ水分補給していきましょう。


お水は喉を通りにくい時は、スポーツ飲料がオススメです。
体内にすばやく吸収され、疲れていても飲みやすいです。
ただし、飲み過ぎは糖分のとりすぎになってしまいますので注意が必要です。


話は戻りますが、インフルエンザにかかる要因として
インフルエンザにかかった人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを
鼻腔や気管など気道に吸入してしまう」という例がまず挙げられますので、
人と接する時や外に出かける時はなるべくマスクをつけていきましょう。



最近はただの健康オタクになりつつあり、ついつい話が長くなってしまいました。

インフルエンザウイスルには春先まで注意が必要です。



★★★  採用情報  ★★★

トータルデザインサービスでは、
下記の技術者を重点募集しています。

 ☆ デジタル・アナログ回路設計者
  FPGA・RTL設計の経験をされたことのある方
  PLL、アンプ等の設計を経験されたことのある方

 ☆ ソフトウェア技術者
  HTML/JAVAの設計/開発の経験がある方
  Androidの設計/開発の経験がある方

ソフトウェア技術者については、
実務未経験でもやる気のある方であれば歓迎してます!
北海道で一緒に働きたい方のご応募、お待ちしています♪

機械技術者も随時募集しておりますので
お問い合わせは弊社HPのメールフォームからどうぞ!

★★★★★★★★★★★★★

0 件のコメント:

コメントを投稿