2015年2月19日木曜日

TDSキャンプ(番外編)その2

しゃちょうNの気ままなキャンプのはなし~その2~


こんにちは、しゃちょうのNです。
前回の気ままなキャンプのはなし~その1~(2014年8月21日)以来の投稿です。
今回は以前より社内でも話題になっていた「雪中キャンプ」についてです。
私が宇都宮で会社員だったころ、栃木、福島、北海道で「雪中キャンプ」を当時の遊び仲間とちょくちょくやっておりました。
その素晴らしさ、楽しさはキャンプシーズンのものとは違いますが、是非一度は経験して欲しいと思います。
「雪中キャンプ」を経験したことが無い人が不安に思うのはその寒さのようです。
しかし、実際の「雪中キャンプ」はさほど寒くない、と言うより温かいのです。
しかもいたって簡単・・・なので今回は2015年2月7~8日に実施した「雪中キャンプ」のレポートとします。

ということで、場所は私の家の庭です。
わざわざ山に行かずとも「雪中キャンプ」が楽しめる・・・さすが北海道。
まずはテントの設置場所作りから・・・。
手付かずの雪の原・・・
さて、庭の何処にテントを張ろうかなぁ
使う道具は普通の雪かきとアルミのスコップ。
まずはせっせと道作り
表層部分を掘りながらの道作り・・・山の中でも冬期閉鎖しているキャンプ場でも車を停めた場所から設営場所まで必ず必要な作業です。
今回は30センチほど下が圧雪状態だったので30分ほどの作業でした。 
孫たちも雪遊びにやって来ました
雪かきでテントの設営場所と
BBQをする場所作り
今回の使用するテントはモンベルⅢ、かれこれ20年は使っていますが、使用回数はモンベルⅤの方が多いので状態は破れも無く良好です。
Ⅲは二人までなら快適に過ごせます。

テントの設置場所は圧雪部分を
アルミのスコップで1mほどの深さまで掘ります。
これで風が吹いても大丈夫。
向こう側がBBQエリア。
穴はテントより一回り大きめに、
底は快適な睡眠のため、できるだけ平らに仕上げましょう。
手前に出入り用の階段を作って穴掘り終了。
穴掘りは孫たちの相手もしながらゆっくり作業して1時間半程度・・・風も無く日も差していたのでうっすら汗をかきました。
さて、これからテントの設営をします。

テントが濡れないようにブルーシートなど
防水シートを敷きましょう。
後はいつもと同じようにテントを張ります。
気を付けるのはテントの中に雪が入らないようにすること。
このテントは居住性、防風、耐水性能、設置し易さとも非常に優れていて、私のお気に入りです。
設置所用時間は15分もあれば充分です
これで完璧!
今日のBBQはジンギスカンといつものホルモンとコマイの丸干し。
孫たちはマシュマロをオヤツに焼いています。

BBQも終わっておやすみの時間、今回は雪も降らず穏やかな一夜になりそうです。
テントに入って、入り口から長靴をパチリ。
いつもの「雪中キャンプ」なら焚き火を囲んでホットウィスキーやホットワイン、熱燗を飲んだり、満天の星を眺めたり・・・夜の静寂を楽しむのですが、今日はさっさとおやすみなさい。
ただいま午前7時30分、
携帯の目覚ましで起床しました。
朝の入り口の長靴をパチリ。
グッスリ熟睡だったので長靴も
テントに入ったときのままです。

今回使用したの熟睡のための道具は・・・
15ミリのウレタンマットを敷き
コールマンの封筒型の寝袋、
これも20年近く使用している+5℃用。
それに羽毛掛け布団とダウンジャケット、
後はジャージの寝巻きとスポーツソックス。
これで朝まで快適にポカポカで眠ることができます。
今回の「雪中キャンプ」のレポートはこれにて終了です。
それでは~その3~「雪中キャンプ」用トイレの作り方でお会いしましょう(笑)

読んでいただいてありがとうございます、よろしければコメントをお願いいたします。


★★★  採用情報  ★★★

トータルデザインサービスでは、
新卒及び中途のソフトウェア技術者を重点募集しています。

新卒採用
・専門学校~大学を2015年3月に卒業・修了予定の方
・Java、SQLなどのプログラミング知識がある方

中途採用
・HTML/JAVA/SQLの設計・開発の経験がある方
・Androidの設計・開発の経験がある方

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください!
北海道で一緒に働きたい方のご応募、お待ちしています♪

機械/電子(LSI)設計技術者も随時募集しておりますので
お問い合わせは弊社HPのメールフォームからどうぞ!

★★★★★★★★★★★★★


0 件のコメント:

コメントを投稿